ウィルバー哲学に思う

「統合」の哲人ケン・ウィルバーにはじまり、仏教心理学的視点を取り入れたマインドフルネス、第三世代の認知行動療法ACT、そして近年ブームのアドラーまで、脳科学的なアプローチも加味し、心理哲学的な関心について綴っています。

ジョン・レノン

中学3年生ではじめてビートルズの「オールディーズ」を買って以来、一貫してビートルズのファンです。自分がなぜそうなのかを今まであまり考えたことがありませんでしたが。

ジョン・レノンが凶弾に倒れたのはちょうど30年前、1980年12月8日、午後10時50分。

当時の私は大学生で下宿しており、友達が泊まりに来ていたその日に事件を知りました。生前の最後のアルバムとなった「DOUBLE FANTASY」を買って間もない頃で、今でもその時のことを写真のように憶えています。

今日いま、CATVでジョン・レノンの特集をしています。ベトナム戦争のことも語られています。

私もこれから、ウィルバー哲学とビートルズの接点に思いを馳せてゆきたいと思います。